【ブラフゲーム】ゴキブリポーカーがシンプルで面白い!ルールや負けないコツをご紹介します。

2017年8月16日Gameおもしろ

スポンサーリンク

ごきぶりポーカー

人狼村というiphoneアプリをおすすめする記事を書いたのですが、人狼をきっかけに他のアナログゲーム(ブラフゲーム)にも興味を持つようになったので面白そうなゲームをいろいろ探してみました。

関連する記事はコチラ

膨大な数のアナログゲームの中で心惹かれたのが「ゴキブリポーカー」です。

Drei Magier ごきぶりポーカー

新品価格
¥1,800から
(2017/4/27 15:07時点)

明らかに女子受けしにくそうな名前のゲームではありますが、イラストが可愛いので合コンなんかでも大活躍しそうです。
ゲーム性が面白いのはさることながら、プレイヤーの一喜一憂が笑えます。

人狼に比べてルールが超シンプルなので誰でもすぐに始めることができます。

今回はそのゴキブリポーカーの楽しみ方をご紹介します。

ゴキブリポーカーとは

ドライマギア社が2004年に発売したカードゲーム(ブラフゲーム)で、誰でも手軽に楽しめるため、手軽なカードゲームとして長く親しまれている作品です。
女子高生がボードゲームで遊ぶ漫画「放課後さいころ倶楽部」の3、4話で紹介されています。
プレイ人数:2-6人(4~5人くらいが一番盛り上がる)
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:20分

ゴキブリポーカーのルール

プレイヤーの中で1人の敗北者を決めるゲームです。
敗北条件は3つ

  • 同じ害虫カードが4枚集まってしまう
  • 8種類の害虫をコンプリートしてしまう。←おすすめのローカルルール
  • 手札が無くなり、害虫を押し付けることができなくなってしまう。

このいずれかを満たした時に敗北となります。
トップを争うのではなく誰かを陥れて敗北者を決めるゲームなので罰ゲームを決めておくと盛り上がりますね。

ゴキブリポーカーの遊び方

ゲームの始め方は、まずカードをすべて伏せて配りきります。
カードが少ない人が不利になるので端数が出る場合は伏せて置いておきます。

次にスタートプレイヤーを決めます。
スタートプレイヤーは少し不利なので、私がゴキブリポーカーをやる場合は前回とどめを刺した人をスタートプレイヤーとしています。

スタートプレーヤーは手札の中から1枚を選び、誰か1人にそのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言して(本当のことを言っても良いし、うそをついてもかまいません)、そのカードを伏せたまま渡します。
「このカードは○○(例えばごきぶり)です」もしくは「このカードは○○(例えばごきぶり)ではありません」のような表現でもかまいません。

渡された人は、二つの選択肢があります。

勝負する
宣言が本当かどうかを答えてそのカードを表にする。
別の人に回す
黙って受け取り、自分だけで内容を確認して、まだこのカードの内容を知らない別の人に同様に、そのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言してカードを渡す。

宣言が本当かどうかを答えて、相手の発言を見破って正解した場合は、害虫を渡してきた人に戻しその人の前に表にして置きます。
答えが間違っていたら、引き取って自分の前に表にして置きます。そして、カードを自分の前に表にして置いたプレーヤーが新たなスタートプレーヤーとなって、ゲームを続けます。
なお、渡されたカードを確認して別の人に渡す行為は、ほかの人全員がそのカードを見てしまっている場合にはできません。この場合には必ず、答えなければなりません。

簡単でしょ?簡単で笑えるゲームですがリーチがかかったは緊迫した心理戦となります。
次は例を挙げてゲームの立ち回りを説明いたします。

立ち回り一例

たとえば以下のような状況になったとします。
ゴキブリポーカー立ち回り一例カイジ1人だけリーチの状態で、ゴキブリがもう一枚集まれば敗北です。
この時に指名されたときのパターンについて解説します。

ゴキブリポーカー立ち回り一例2

利根川がゴキブリリーチがかかっているカイジにゴキブリらしきものを渡してきました。
利根川がカイジを負かしに来てますね。
この場合、ゴキブリを否定して本当にゴキブリだった場合負けてしまうので、アンパイ(安全な牌)として「これはゴキブリです」と答えるか、他の人に判断をゆだねるのが定石。
さてカイジはどうするでしょうか。
.
.
.
カイジ「判断をゆだねます」
(勝負をしない場合は自分だけカードを見て他の人にパスすることができます。)

ゴキブリポーカー立ち回り一例3
利根川はカイジにコウモリのカードを渡し、「これはゴキブリです」と言わせてゴキブリとコウモリのダブルリーチにするつもりだったようです。

この版面ならにコウモリを1枚持っている一条になすりつけたいところですが、もし当てられてしまった場合は自分のところにカードが戻ってきてダブルリーチとなります。

ゴキブリポーカー立ち回り一例4.

ゴキブリポーカー立ち回り一例5

これでカイジはダブルリーチとなりました。

シングルリーチの場合は、テンパイしたカードが溜まらないような答え方をすれば一時しのぎできるのである意味鉄壁なのですが、ダブルリーチになってしまった場合は2択を間違えた時点で負けとなるのでかなり危機的な状況となります。

この版面だと残念ながら9割カイジの負けでしょうね、、、

でもゴキブリポーカーはここからが勝負なんです。もしカイジが手札に残りのコウモリを4枚全て持っていてさらに一条がゴキブリを全て抱えていること見抜けば大逆転することも可能です。
カイジが絶望しながらも活路を見出していく様が想像できますね!

とまぁこんな感じでシンプルなゲームなのに複雑な心理戦が繰り広げられるわけです。
面白そうでしょ?酒を飲みながらやるとすごく盛り上がります。

スポンサードリンク

ゴキブリポーカーの攻略法

私はこのゴキブリポーカーが得意のようで一晩戦い続けて無敗だったこともあります。
そんな私が無敵の必勝法を伝授したいと思います!

ポーカーフェイス

まずはポーカーフェイスを保つことが重要ですが、ポーカーフェイスって難しいですよね。
なので、誰かにカードを渡すときはびっきりのハイテンションで変顔しながら「ゴォーキブリどぇーす!」と言いましょう。
常にハイテンションを維持できれば心を読まれることはありません!

積極的に逃げよう

カードを渡されたときにその場で答えてしまえば自分に害虫カードが貯まる確率は50パーセントですが、もし、他の人に判断を委ねて、さらにその人が第三者に判断を委ねた場合は自分に害虫カードが貯まる確率は0パーセントになります。
効果的に他の人へのパスを使いましょう。
ただし、逃げてばかりだと「こいつに渡せば厄介な手札が他の人に回る」「親から抜け出せる」と判断されてしまい、次々にカードが回ってきてますので自分の勘を信じて勝負することも大事です。
逆に、ヒヨる人にカードを押し付ければ親から抜けだせる可能性が高いので、チキン野郎を中心に攻めていきましょう。

複数枚の手札は貯めておこう

仮に、場に4枚のゴキブリが出ていて手札に4枚のゴキブリがある場合、自分以外にゴキブリを持っている人がいないことになるのでゴキブリの真偽を問う場合は必ず嘘を見抜くことができます。
複数枚のカードが手札にある場合は、すぐに出さずに自分だけの秘密にしましょう。
しかし、リスクもあります。
手札が少なくなってきて場に特定のカードがあまり出てない場合に「こいつゴキブリしか持ってねぇ~w」とばれてしまった場合、一気に負けへと駆け抜けます。
囲っていることがばれないようにバランスを考えてカードを出していきましょう。
また、手札に特定のカードを囲っていて絶対に嘘が見抜ける場合でも、自信満々で答えてしまうと囲っていることがばれてしまいます。悩む演技をすることも攻略の一つの手段だということを覚えておきましょう。

暗黙のチームプレイ

リーチが複数人いる場合、とどめを刺すカードを直接本人に押し付けてもみんなが逃げてしまい、目的の人にカードを届けれないような状況になります。
たとえば以下のような状態。
ゴキブリポーカー立ち回り一例6
カイジがゴキブリリーチ、一条がサソリリーチ、利根川がクモリーチ、兵藤がネズミリーチとなっています。
この時にカイジは兵藤にネズミを押し付けて負かしたいと思っています。
しかし、兵藤に直接カードを渡しても兵藤が第三者に対して答えにくい害虫の名前でカードを回してしまったらそのカードは兵藤から流れてしまいます。
そういうときは最後にカードが回るように暗黙のチームプレイをしましょう。

  1. カイジが一条にネズミのカードをサソリのカードとして渡す。
  2. すると一条は答えにくいのでカードを確認する(一条の心の声:兵藤にカードを回せってことねw理解w)
  3. 一条は利根川にネズミのカードをクモだと言って渡す
  4. 利根川も答えにくいのでカードを確認する。(利根川の心の声:ですよねーw)
  5. そして逃げ場のない最後の兵藤に利根川が「これは○○○○でーす」と言って渡す。
  6. 逃げ場のない兵藤は2択を間違えると負ける

ゴキブリポーカーに慣れてくるとこのような暗黙のチームプレイが自然と発生します。
上手にカードが回るとすごく気持ちいいです。
ただし、あくまでも暗黙のチームプレイですので共闘して特定の人を集中攻撃するようなプレイはやめましょう。

嘘をついていそうな奴の顔を舐める

汗の味で嘘をついていることが分かる人は積極的に相手の顔汗を舐めましょう。
そして「この味は!ウソをついている味だぜ…」そう言ってカードをめくりましょう。
真偽はともかくボラーレ・ヴィーアされるかもしれませんが、、、

購入はアマゾンが速くて安い

ゴキブリポーカーの紹介いかがでしたでしょうか?
もし、興味をお持ちいただいたのならお安いので買って実際にプレイしてみてはどうでしょうか?

Drei Magier ごきぶりポーカー

新品価格
¥1,800から
(2017/4/27 15:07時点)


こっちは上位互換のゴキブリポーカーロイヤル。
害虫が7種類に減ってロイヤル種が追加されたりスペシャルカードが追加されたり少しだけルールが複雑になります。

ごきぶりポーカー・ロイヤル Kakerlakenpoker Royal 並行輸入

新品価格
¥1,797から
(2017/4/27 15:08時点)


私は、酒をこぼしすぎて汚れたので2箱目を買いました。

少しルールを変えたりして遊んでも楽しいですよ。
3枚で負けにすれば7人以上で遊べますし、負ける人を決めるだけじゃなくてとどめを刺した人を勝ちにして「謎の飴玉(意味深)」のやり取りをしたりすると、また別の攻防が生まれて面白いと思います。
8種コンプしたら「謎の飴玉(意味深)」倍払いとか、、、デュフフッ、、、
「ゴキブリ」で負けるとさらに倍払いの4倍払い!(謎の飴玉を)とかだったら脳汁がジャブジャブ溢れてきますね!デュフフフフッ、、、
ゲーム開始時に1枚手札から場に出すというルールにすれば、開幕早々2シャンテン(あと2枚でリーチ)になり常に臨場感が味わえると思います。
このように自分で新しいルールを追加すれば楽しさ倍増です!
シンプルなゲームだからこその拡張性ですね。

学校でもオフ会でも合コンでもいろんなところで活躍しそうです!
みなさんもゴキブリポーカーを楽しんでみてください!

関連する記事はコチラ

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!