二日酔いに効く食べ物、二日酔いの予防方法

2016年2月2日Life

スポンサーリンク

二日酔いの原因

giphy (1)

1.二日酔いとはお酒を飲んだ後の不快感、頭痛、作業能力の低下などがつつく現象
2.原因はアールコルがアセトアルデヒドに分解され、体内に縮尺し、継続的に神経が刺激されるため発生


スポンサードリンク

吐き気になる理由

はきけ2

空腹時に飲む酒

空腹時にお酒を飲むと吐いたり、翌日頭が痛くなったりする。空腹時にお酒を飲むと胃が刺激受けるので吐く原因になる。

胃の中に拒否

体が酒を拒否にも関わらず、お酒を飲むと最終的に胃腸は刺激を受けるし、刺激を受けた胃が収縮と痙攣を起こし摂取した食物の排出を防いでしまうことで胃に食べ物がとどまってしまう。これらの食べ物がきちんと消化されず、結局嘔吐を誘発することになる。

お酒の毒素

酒には、人体に有害な毒素がある程度含まれている。これらの毒素が人体に吸収されると、体が認識して毒素を排出させるようにするので、嘔吐をする。嘔吐をした後は体内にあった毒素が排出され、体をを快適にさせてくれるそうだ。


    二日酔いに効く食べ物

  • ニンニク

    ninniku

    ニンニクは少ない量でも肝酵素の活性化に効果的であり、肝臓浄化機能がある。ニンニクの豊富なアリシンセレンは殺菌、解毒作用と免疫力の向上にもいい。


  • 豆、豆腐、卵

    卵

    豆、豆腐などの植物性タンパク質食品は、アミノ酸が
    解毒作用する。卵は、二日酔い解消飲料などに多く使われるメチオニンが豊富である。


  • 水、麦茶

    mizu

    水分は脱水現象を防止して、アルコールの解毒作用してくれる。お酒飲むときは水をよく飲むと、アルコール濃度を下げる効果がある


  • osu

    抗酸化物質が豊富な酢は飲みすぎた後、二日酔いの解消に効果的。体内の老廃物を効果的に分解して排出する。


  • レモン、ライム

    レモン、ライム

    レモンとライムは、ビタミンCが豊富で、体内の毒素が水によく溶けるようにしてくれるので、二日酔いの解消にも効果的である。


  • 穀物

    IB0007091

    キノアキーノア、蕎麦、黍、アクロバット水はタンパク質が豊富で、二日酔いにいい。


  • オリーブオイル

    olive oil on wooden table

    オリーブオイルは、消化と排泄作用をする肝臓の胆汁の分泌を促進し、また肝臓の毒素の量を減らす役割をする。


  • ビタミンc飲み物、蜜、果物ジュース

    お酒で下がった血糖値を上げるのにいい。ビタミンCは、二日酔いの解消にもいい


  • 柿

    二日酔いの解消するタンニン成分が豊富である。タンニンは、アルコールの吸収を遅延させお酒の分解を早くする。


  • トマト、キャベツ、アスパラガス

    tomato

    キャベツは肝機能の改善と胸焼け、二日酔いなどにもいい。トマト、アスパララガーはアルコールを分解し排出する役割をする

二日酔いの予防方法

shake

  • 1.お酒は少なくとも二日はあけてから飲む。
  • 2.自分の酒量以上を飲まない。酒量は酔っぱらうことではなく、ほろ酔い程度のこと。
  • 3.お酒を飲むときは、水をいっぱい飲む。
  • 4.できるだけゆっくり飲む。
  • 5.飲酒前には食事をすること。
  • 6.薬の力をかりる(うこん、ヘパリーゼなど)

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!

Life

Posted by kiyomaro