ジョジョ実写化のキービジュアルまとめ!ジョジョヲタが何がおかしいのか詳しく解説します。

2017年8月9日Lifeまとめ, 映画

スポンサーリンク

ジョジョ実写化に一言物申す

ジョジョの奇妙な冒険の実写化に伴い、各キャラクターのキービジュアルが続々と公開されておりますが、その度にSNSやTwitterが阿鼻叫喚と化しております。

そもそもジョジョを実写化すること自体が無謀なのですが、想像以上に残念な仕上がりとなっているようなので、20年来のジョジョヲタの私が、何がおかしいのかを詳しく優しく解説していきたいと思います。

撮影地が海外という謎

バルセロナの街並み
『ジョジョの奇妙な冒険』第4部は杜王町という町でストーリーが繰り広げられるんですが、そのモデルとなっているのが宮城県仙台市。
しかし実写化のロケ地として挙げられたのがスペイン・カタルーニャ地方のシッチェスやバルセロナとのことです。
カタルーニャ広場
なんで日本で撮らないの?という不満の声が多数上がっているようです。
三池崇史監督としては「杜王町という町を再現するには、スペインロケという背景が必要となってくる」とのこと。
私も撮影地に関しては、むしろスペインのお方がしっくりくると思います。電線だらけの日本で撮影しても杜王町のおしゃれな雰囲気が出せるとは思いません。
だたし、海外ロケをすることで、費用が無くなってスタンドのCGがチープになるようなことは避けてほしいです。
金が尽きてスタンドが実写になるとしたらスタープラチナは室伏広治でお願いします(笑

東方仗助(山崎賢人)

東方仗助(山崎賢人)

杜王町に住む高校生。普段は温厚だが、自慢の髪型をけなされると激昂する。4歳の時に死にかけてからある特別な能力が備わる。

最初に公開され、最もジョジョファンの気持ちを裏切ったものとなった山崎賢人が演ずる東方仗助のキービジュアルである。
これは擁護のしようがないほど仗助感ゼロ。コレジャナイ!

いろいろと突っ込みどころは満載ですが、スゴ味が欠落しているところが問題です。
中学生が高校生のお兄ちゃんの学ランを着てイキってるみたいなダサい恰好でメンチ切られてもスゴ味など出るわけありません。
あと、制服のボタンはちゃんと留めろ!仗助は紳士の血を受け継いでいるんだよ!だらしない恰好してんじゃねぇ!1部から読み直せ!

売り出したい俳優をゴリ押しするだけのキャスティングは本当にやめてほしいし、広告代理店と芸能プロダクションの身内による雇用創出でしかありません。
山崎賢人に罪はありませんが仗助の分厚い胸板を再現するために毎日ベンチプレスで鍛えてください。

広瀬康一(神木隆之介)

広瀬康一(神木隆之介)

仗助の同級生。友達思いで平和を愛し、町で事件が多発していることを心配している。

広瀬康一の見た目の特徴は身長が157cmと低いところ。さらに回を重ねるごとにデフォルメされ身長が小さくなり、最終的には空条承太郎の膝ぐらいまでの高さになる。
都合よく低身長のイケメン俳優が存在するわけもなく、見た目に関しては神木隆之介(167 cm)演ずる広瀬康一は及第点ではないでしょうか。
広瀬康一の性格は気弱で怖がりな反面、恐怖に立ち向かう勇気を持つという個性のある性格なので、演技次第ではハマり役になるかもしれません。

山岸由花子(小松菜奈)

山岸由花子(小松菜奈)

仗助の同級生。転校してきた康一の世話係を命じられ、強い使命感を抱いている。

出ましたオリジナル設定。

まず、康一くんが転校してきたらダメです。
自分が今まで住んできた杜王町に実は殺人鬼が潜んでいたことを知り、家族や杜王町の住人を守りたい康一は「黄金の精神」により仲間たちと殺人鬼を追いつめていく。
という物語なのに、転校してきた地元愛の無い康一くんでは「黄金の精神」は宿りません。

そして世話ががりを命じられってどゆこと!?
「勝手に康一を運命の人だと思い込んで一方的に世話をし始めた」という狂気が由花子の魅力なんです。

正しい設定はコチラ

康一を異常に愛する容姿端麗な女子高生。普段はクールで素っ気無い態度だが、非常に身勝手でキレやすく、思い込みの激しい性格。康一に一目ぼれし、喫茶店に呼び出して告白するが、その後はストーカー紛いのアプローチを開始。康一のテストの点数の悪さに見かねて彼を自分好みに教育しようと別荘に軟禁するが、求愛を拒否されたことに逆上して暴走する。

まだヤンデレという言葉が存在しなかった時代に登場し、常軌を逸した思考や行動は多くの読者にとっては衝撃でした。

この設定を変えてしまって、この章の結末である「由花子が康一君を殺そうとしている時に康一は由花子の命を救うことを既に考えていた」という康一の気弱で臆病だが危機的状況でも乗り切れる精神力を表現することができるのか疑問です。

長くなりましたが小松菜奈に最後に一言!
すました顔して写真撮られてんじゃーねぇ!
由花子っぽさを出すなら狂気に満ち溢れた微笑み。
もしくは「眼輪筋」をピグピグさせてブチギレてるかの2択だ!

とっととエステ「シンデレラ」に行って狂気の顔に入れ替えてもらってこい!

虹村形兆(岡田将生)

虹村形兆(岡田将生)

ある恐ろしい目的のため杜王町で暗躍する冷酷無比な男。同じ能力を持つ仗助と対立する。

なんと、ジョジョ立ちをしているではありませんか。
岡田将生は「覚悟してきてる人」のようですね。面構えも凛々しく、虹村形兆を演じる覚悟をひしひしと感じます。
弟の億泰とは性格が大きく異なり、虹村億泰はおおざっぱでお人よしだが、虹村形兆は几帳面で冷酷。
二人の性格にどれだけコントラストをつけることができるかが見ものですね。

スポンサードリンク

虹村億泰(真剣佑)

虹村億泰(真剣佑)

虹村形兆の弟。直情的な性格で、深く物事を考えず、いつも冷静な兄の足を引っ張る。

人懐っこく面倒見のいい愛すべきバカ。
そんな億泰の性格が一切伝わってきませんね!

失格です!
どうしてこんなに気分の冴えない感じで撮影に挑んだのでしょうか。
疲れてるなら「トラサルディー」でモッツァレッラチーズとトマトのサラダでも食べてきてください。

片桐安十郎(山田孝之)

片桐安十郎(山田孝之)

逃亡中の凶悪な連続殺人犯。犯行の邪魔をした仗助を破滅させようと狙っている。

違うんだなぁ、そうじゃないんだなぁ。
4部はごくありふれた平和そうな日常の中に殺人鬼が潜んでいるってのがいいんです。
こんな人相の悪い怪しい恰好のやつがいたら職質されます。

ここは牛乳屋さんの恰好して笑顔で写真撮って欲しかったですね。

しかし、これはあくまでキービジュアルなので実際に劇場に足を運ぶまではどうなるかわかりませんので、様々なキャラクターを演じ分けることができる山田孝之に期待するしかありません。

空条承太郎(伊勢谷友介)

空条承太郎(伊勢谷友介)

ジョセフの孫で仗助の甥。仗助に会うために杜王町を訪れ、町を揺るがす事件を調べる。

最後のキービジュアルとして公開されたのはジョジョのシリーズを通して重要な役割である承太郎。

あれ?まさか、、、、
承太郎の髪の毛と帽子
ちゃんと帽子と髪の毛が一体化している!!!
伊勢谷友介も「覚悟してきている人」のようですね。
承太郎感が出ていますし原作への愛を感じます。
しかし、少し老けて見えるのは私だけでしょうか?
4部の承太郎の年齢は28歳、伊勢谷友介が40歳なので少し老けて見えるのは仕方ないですね。
伊勢谷友介の体つきが少しヒョロいので第四部のラスボス吉良吉彰のほうが似合うという意見もちらほらあるようです。

総評

批判されている割には結構役にハマっている役柄もありましたね。
ただし、仗助テメーだけはダメだ。

スタンドがCGでどう表現されるのか?擬音はどうするのか?ジョジョ立ちを無理やりぶっこむのか!?等まだまだ謎は残りますが温かい目で様子見守っていこうと思います。

公式サイトはコチラ
2017年8月4日(金)全国ロードショウッッ!!

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!