ランニングで足を痛めた人に読んでほしい足底腱膜炎の治療方法

Sportslife, ストレッチ

スポンサーリンク

ランニングで足を痛めた人に読んでほしい足底腱膜炎の治療方法

初めまして夢見る男ブログ、ライターのT氏です。

ダイエットのために過度なランニングをして足の裏が痛くなった経験はありませんか?
もしかしたらそれは足底腱膜炎かもしれません。

私もこの痛みに長いこと悩まされ続けましたが、なんとか完治することができたので私が行った足底腱膜炎の治療方法をご紹介いたします。

足底腱膜炎になった経緯

30歳、体重100kg、体脂肪30%の3冠王になってしまった私はそれでも動けるデブを自称しておりました。
さすがにここまでくると「走れる」と言っても誰も信用されなくなり、動けるデブとしての威厳が保てなくなりつつある危険な状況に陥っていたのです。

そこで私は、フルマラソンに出場し完走することによって威厳を保とうと無謀な挑戦を掲げたのです、それがすべての不幸の始まりだったとはこの時の私はまだ知りませんでした。

過度なトレーニング

なんやかんやで大会1か月前になり、重い腰を上げてトレーニングを始めたのだが、やはりこれだけ太ってしまうと完走できるペース(遅すぎると中継地点でリタイアとなる)で走れる状態になるまでにはかなりのキツいトレーニングをこなさなければなりませんでした。
さすがに最初の中継地点でリタイアとなり普通のデブとして認定されてしまうことだけは避けたかったのです。

しかし、ここで無理したのが悪かったようです。

フルマラソンに挑戦

28a29204c0c1859d77fa89069efbeaf7_s
マラソン大会当日。
無謀な挑戦であることは自分でも自覚していましたが、心が折れようが足が壊れようがゴールに1歩でも近づくつもりで走り続けました。
20km地点で「もしかしたら完走行けるのでは!?」と考えたりもしたのですが、25kmの中継地点の手前で突然足が動かなくなり、足の痛みで顔が歪みはじめました。

最初は「がんばってー」と声をかけてくれていた沿道の人が次第に「大丈夫ですか?」に変わり、「私は糖尿病です。お先にどうぞ」とゼッケンに書いてある70歳くらいのおじいちゃんに追い越された。

無謀だった。太っている人は無理して走ってはいけないのだ。
結果としては25km地点の中継地点でリタイアとなったのだが、誰もが予想した記録を大きく超え「動けるデブ」というブランドはなんとか守ることはできました。

しかし、その代償は大きかった。

足が痛い

朝起きると、歩けないほど足が痛い。かかとの付け根につっぱるような激痛が走る。
そんな日が数日続き、いつか治るだろうとそのまま生活を続けたのだが、結局2か月経っても痛みとつっぱるような違和感は消えず。時折、腱にピキーンと強烈な痛みが走る。
これは病院に行くしかないと思い、足の専門医を探して診てもらったところ。

偏平足な人が無理な運動をすると発症し易い足底腱膜炎という病気らしく、レントゲンを見せられながら、普通の人と比べて私がどれだけ偏平足かという説明を受けた。もう走るまいと心に決めた。

足底腱膜炎に対する治療が確立されておらず、地道に治していくしかないということで、家で出来る治療法を教えていただいたので実践することにしました。

スポンサードリンク

足底腱膜炎を治すためには

あし
偏平足の人の足の裏が痛くなる原因は、アーチがある人の足の裏の腱は伸びきるまでのゆとりがあるぶん衝撃を吸収しやすくなっているのに対し、偏平足の人はすでにアーチが伸びているために衝撃を受けた時にそのまま腱が引き延ばされた状態になってしまうからとのこと。

そして、一度炎症を起こしてしまうと筋肉が緊張して固くなり、さらに腱へのダメージを重ねていってしまうことが原因で、慢性的な痛みとなります。

つまり、足底腱膜炎を治すためにはアーチへの衝撃を和らげることと、腱を柔軟に保つことが大事です。

足を冷やさないこと

靴下
寝ているときに足が冷えてしまうと、腱が硬直してしまい朝起きて立ち上がった時に痛みを感じることがあります。
できるだけ、寝る前に靴下を履いて足を冷やさないようにしましょう。
また、病院で処方された湿布等を貼ることにより、さらに効果を増すことができます。市販の湿布を購入する場合は漫性炎症に効くものを選びましょう。

靴をクッション性の高いものに変える

じゃんぷ
靴底が柔らかく、衝撃を吸収してくれる靴を選びましょう。
サンダルばかり履いていた私にとってはかなりの改善になりました。

■関連する記事




土踏まずを上げることによって足底筋膜にかかるストレスを和らげることができますが、人それぞれ足の形が異なりますので自分に合ったインソールを探すのは結構難しいです。
テーピングで固定して痛みを和らげるのも一つの案かもしれませんが根本的な改善には繋がりにくいので、専門医の監修のもとオーダーメイドのインソールを作るのが最も効果的です。

しかし、オーダーメイドのインソールはかなり高額です!
私の場合、5万円と言われたので諦めました…

市販のインソールはそこまで高いものはありませんのでいろいろ試してみるのもありだと思います。


湯船に浸かって足をマッサージする

マッサージ
お風呂でゆっくり温めながらつま先をグッと上げてストレッチし、かかとの付け根から土踏まずを指でゆっくり揉み込みましょう。腱を温めてマッサージすることにより血行が良くなり腱が固くなることを防ぎます。

足底腱膜炎のならない為に

これらを根気よく何か月も続けて私は足底腱膜炎を治療し、完治することが出来ました!

根気のいる治療になりますが、放置していると何年も苦しむことになることもあるそうですので悪化する前に専門の病院でアドバイスを受けて治療に専念しましょう!

また、太っている人は無謀な運動はせずに地道に歩くことから始めるのが賢明です。自分に合ったペースで無理せず運動することを心がけましょう。

また、太りすぎている人は運動を始める前にまずは食事制限で体重を落とすことで足腰への負担を軽減することができます。



足腰に不安がある人はインストラクター付きのジムでプロの監修のもと正しいトレーニングを学びましょう!



ここに記載した方法は、あくまで私が個人的に調べ、改善に至った方法ですので万人に通用する手段ということではありません。もしこの方法で痛みが出るようであればすぐに中止し医師の判断を仰いてください。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!