ノコギリヤシの育毛効果は??

2016年2月2日Sports抜け毛, 育毛

スポンサーリンク

ノコギリヤシ(ソーパルメット)の効果と副作用!育毛効果はあるのか?

ノコギリヤシ(ソーパルメット)とは?

topyaza

ノコギリヤシ(鋸椰子、Serenoa repens)はヤシの一種。ノコギリヤシ属は単型。小さなヤシで高さ2–4mになる[2]。幹は不規則に伸び、砂浜に密に群生するか松林・広葉樹のハンモックの下生えとして見られる。幹が直立することは少ないが、幾つかの個体群で記録されている。米国南西部固有種で、大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地で一般的だが、アーカンソー南部などの内陸でも見られる。丈夫な植物で成長は極端に遅い。長寿で、特にフロリダには樹齢500–700年と推定される個体もある[3]。
掌状ヤシで無毛の葉柄を持ち、葉には約20の小葉が付く。葉柄は細かく鋭い棘で覆われており、和名や英名の由来となった。刺は容易に皮膚を傷つけるので、近づく際には注意が必要である。葉の色は内陸では明るい緑、沿岸では銀白色。葉は長さ1–2m、小葉は50–100cmになり、サバル属のものと似ている。花は淡黄色で幅5mm、長さ60cmの密な円錐花序を形成する。果実は大きく赤黒い核果で、野生動物や人の食料として重要である。未熟な果実は苦い。チョウ目幼虫の食草ともなり、特にホソキバガの一種Batrachedra decoctorは本種を専食する。(参照サイト:wikipedia)

ノコギリヤシ成分

シメ4
ノコギリヤシの実の中にはβ-カロチン、 β-シトステロール、フェルール酸、マンニトール、ミリスチン酸、タンニン、バニル酸、バニリン、サポニン、脂肪酸、ビタミンAなどが含まれており、主効能を示す機能成分はまだ知られていない、指標成分としては、 Lauric acidを使用する。

ノコギリヤシ薬利

<シメ5
前立腺はジヒドロテストステロンというのでおおきくなり、ノコギリヤシの実の中に含まれる脂肪酸とステロールは、このホルモンの生成を抑制し、作用を阻害して、排尿の問題を改善させてくれる。ノコギリヤシは、動物実験の結果、前立腺の健康に影響を与えるDHT (ジヒドロトステストセロン)の生成を防ぐことができるので、前立腺肥大と育毛に効果があることが報告された。前立腺肥大症に広く使用されているプロスカやプロペシアを脱毛剤として使用するのと似たような薬理機序がノコギリヤシもあると推定している。

スポンサードリンク

ノコギリヤシの前立腺線肥大症の臨床試験

タフケフチ32
米国のスティーブンW.ベント博士のチームは、 49歳以上の前立腺肥大症の患者225人を対象にノコギリヤシのエキスを投与したところ、プラセボグループに比べて何の効果もなかったと報告し、米国のバリー博士チーム(米国医師協会誌JAMA 2011年9月号)にも下部尿路症候群にノコギリヤシのエキスを投与したところ、前立腺肥大症の改善効果について否定的な研究結果を発表した。また、米国のジムW.テクリンド博士のチームは、 5222人の患者を対象に分析した結果のノコギリヤシを投与したグループの尿路症状の改善度がプリー時報グループに比べて比較優位が証明されておらず、夜間排尿にのみ効果があったと報告した。

ノコギリヤシの効果

www_google_ca_20140103_125824
ノコギリヤシは、前立腺肥大症によるビンニョジュンを緩和させてくれる効果がある。また、ノコギリヤシは性欲の低下、抜け毛、気管支炎、糖尿病、炎症、片頭痛、多嚢胞性卵巣症候群と前立腺癌にも使用する。しかし、まだこのような疾患の根拠が明確ではないため、より多くの研究が必要な実情である。

ノコギリヤシの副作用

58738975cbbd0196d4ca43b830737078-1024x768
ノコギリヤシは体内に入ると、男性ホルモンと似たような作用をするので、妊娠中に食べない方がいい。また、ノコギリヤシは、肝臓の損傷を与えることができる薬物として知られている。


ノコギリヤシのは前立腺肥大症も抜け毛の治療剤ではない。あくまでも抜け毛と前立腺肥大症の予防のための飲むサプリメントである。

今から出来る薄毛予防、AGA無料カウンセリング


スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!