私の頭皮タイプは?頭皮タイプ別特徴と管理方法、シャンプーの選び方

2017年8月24日Life

スポンサーリンク

髪の毛にいいシャンプーからフケ、頭皮管理、抜け毛予防のシャンプーまで、様々なシャンプーが発売されています。高いものだから良いシャンプー、安いものだからよくないシャンプーとは言い切れません。何よりも一番重要なのは、自分の頭皮タイプに合うシャンプーを選ぶことが最も重要です。経験談ですがこの間ノンシリコンシャンプーが頭皮に良いときいたので使ってみましたが、頭皮の乾燥、かゆみ、フケなどが発生しました。初めて使うノンシリコンシャンプーなので、頭皮がまだ慣れていないと思い我慢して使い続けました。しかし全然よくならなかったので結局使用を中止しました。こんな副作用を防ぐために自分の頭皮タイプを知り、自分に合うシャンプーを選びましょう!

私の頭皮タイプは?

正常頭皮

goodhair
頭皮が青白色または透明な乳白色であり、異物がないきれいな状態です。毛穴が開いている酸素と栄養分の吸収がスムーズに行われる良好な状態の頭皮です。

脂性頭皮

04
不適切な食生活やストレスなどで皮脂の分泌が急激に増えると脂性頭皮になります。
毛穴の外に出てきた皮脂は、頭皮に広がって薄い膜を形成します。角質、フケ、ほこりなどの各種の汚れが頭皮にたまると、雑菌が繁殖しやすい頭皮になります。この時、管理をしなければ、毛穴の中に炎症が起きて脂漏性頭皮炎や抜け毛の原因になります。

  • シャンプーをした後、頭皮を触ると油が残っている。
  • リンスをしなくても髪の毛がしっとりする。
  • 夜になると頭から匂いがする。
  • 頭皮が全体的に赤く、触ると頭皮から熱が感じられる。

乾燥頭皮

Detail of a cracked dry soil in water shortage time
乾燥頭皮は、脂性頭皮とは異なり、皮脂の分泌が不足して頭皮が乾燥してる状態です。頭をきれいに洗ったのにも関わらず、少し時間が経つと頭皮がかゆみや乾燥を感じます。頭皮は適切の皮脂の分泌がないと、角質やフケができることもあります。この状態が続くと、老した角質が頭皮の毛穴にたまって毛髪は徐々に細くなり、抜け毛の原因になります。

  • 頭皮が引っ張られて、フケがある。
  • 頭皮がかゆい。
  • 二日ほど髪を洗わなくても油ぽくならない。
  • 髪の毛が細く、力がない。

敏感頭皮

binkann
敏感頭皮は過度のストレス、睡眠不足などが原因で角質形成サイクルが異常に短くなり、頭皮が弱くなっている状態です。軽い刺激にも頭皮が赤くなったり、痛みがあったりします。外部からの刺激にすぐ反応するので、炎症が発生しやすいです。それだけでなく、頭皮自体に力が弱くなった状態であるため、栄養分が十分に供給されず、健康な毛髪が育ちにくいです。

  • 頭皮の角質が目に見えるほどある。
  • 頭皮を押してみると弾力が感じられずモチッとする。
  • 外部環境が変わると、皮膚がかゆくなり、ヒリヒリする。
  • 皮膚が薄く微細血管が見える。

スポンサードリンク

頭皮タイプ別管理方法

中性頭皮

kawa
角質や皮脂をきれいに落として清潔な状態を維持しましょう。
弱酸性のシャンプーがおすすめです。毎日夕方頭皮と毛髪をきれいに洗いましょう。シャンプーをした後、髪の毛の根元から毛先までしっかり乾かす。乾かすことで頭皮の適切な油水分バランスを維持することができます。

脂性頭皮

Peppermint
ペパーミント、メントール成分やティーツリーなど皮脂調節に効果がある天然成分が配合されているシャンプーがおすすめ。脂性頭皮は、何よりも、頭皮を清潔にするのが重要です。ただしシャンプーするとき、頭皮を強くこすると皮脂腺を刺激してむしろ皮脂の分泌が増加することもありますので注意しましょう。シャンプーをした後は、しっかり乾かさないと匂いがしやすいです。ドライヤーを毛髪から20センチ以上離して使用し、頭皮までしっかり乾かしましょう。頭皮スケーリングは、一週間に一度くらい定期的にすると良いです。

乾燥頭皮

kaze
低刺激性や天然原料のシャンプーがお勧めです。石鹸やアルカリ性のシャンプーは使わない方がいいです。石鹸やアルカリ性のシャンプーは洗浄力が強すぎて頭皮の栄養と必要な油まですべて洗い流されてしまいます。
シャンプーは一日一回が適しています。シャンプーをやり過ぎると、頭皮が敏感になってさらに乾燥します。
シャンプーをした後はドライヤーで乾かすより、自然乾燥をお勧めします。ドライヤーを使用する場合、冷風で乾かしましょう。

敏感頭皮

ukari
刺激は最小限に抑え、清潔さを維持することが重要です。シャンプーは刺激の少ない天然シャンプーがおすすめです。カンファやユーカリなどの鎮静および緩和作用の効果があるハブの成分が含まれているといいです。
カラーやパーマはなるべくしない方がいいでしょう。敏感頭皮は外部環境にすぐ刺激を受けます。過度に寒さや暑さに気を付けましょう。刺激的な食べ物とストレスは敏感肌を悪化させるので注意しましょう。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!

Life

Posted by kiyomaro