一眼レフ初心者が佃・月島の祭りを撮った写真まとめ。

2017年8月24日CameraD5300, かっこいい, まとめ, 一眼レフ, 写真

スポンサーリンク

佃_住吉八角神輿1

みなさんこんにちわ。
今更ながら2015年・夏に行われた東京の下町『佃・月島』で行われたお祭の写真をまとめたいと思います。

3年に一度の住吉神社例祭

なかなか珍しいことなのですが、佃の祭りは毎年やりません。

3年に一度という、五輪やW杯の4年周期に慣れ親しんだ現代人には受け入れにくいスパンで開催されるこのフェスティバル。
理由はよくわかりません。下記、住吉神社のURLよりご参照ください<(_ _)>

とにかく水をぶっかけまくる!

佃_住吉神社祭り

佃_住吉神社祭り2

街中にはいくつもポリバケツが並んでおり、自由気ままに水を掛け合っています。

佃祭りの街中

佃祭り_街中

祭りの主役は八角神輿

佃_住吉八角神輿1

佃_住吉八角神輿2

佃_住吉八角神輿3

住吉神社の神輿は「八角神輿」と呼ばれるとおり、八角形の神輿です。
 天保八角神輿は天保9年(1838)に芝大門の万屋利兵衛により製作されました。八角の神輿は関東ではめずらしく、天皇陛下の御座(高御座)を擬したと言われています。昭和37年までは隅田川へ神輿を担ぎながら入る、海中渡御が行なわれていたため、神輿の内部も漆が塗られ気密性が高められています。中央区区民有形民俗文化財に指定されています。

基本的に佃のお祭りは地域ごとに神輿があり、区分けされた半纏(はんてん)を来ている人しか担ぐことが出来ません。

この八角神輿は住吉神社のある佃と新佃という地域に住んでいる人しか担げないのです。

ミス中央区

ミス中央区もいらっしゃいました!!

スポンサードリンク

街中がお祭りムード一色

fes_19

下町情緒あふれる佃・月島の路地裏には祭り中提灯が飾られます。

佃祭り_街中

佃祭り_街中

びしょ濡れになった半纏(はんてん)も夏の暑い日差しで瞬く間に乾きます。

下町情緒

ところどころで酒盛りが始まってます。
陽気なお兄さんたち。知らない人です。写真を撮ってくれと言われました。

まる山神輿担ぐってよ。

まる山_神輿担ぐ

自分も初めて神輿を担ぎました。
テンションMAX!!

まる山_神輿担ぐ2

どこにいるでしょう。

佃神輿

ここです!!

次は2018年の夏

fes_13

fes_12

次の住吉神社例祭は2018年の8月です!
オリンピックの開催が近づくので例年通り開催できるのか不安ですが、今から待ち遠しいです。

おわり。

関連する記事


まる山のつかっているカメラ NikonD5300

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 ブラック 2400万画素 3.2型液晶 D5300BK

新品価格
¥46,800から
(2016/2/24 12:53時点)

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夢見る男.comをフォローしよう!